清水区のO邸屋根瓦葺替え工事

御用命頂き,ありがとうございました。平成元年に建てられたご自宅で強固に建てられています。
しかし,屋根材がセメント瓦で,経年で,瓦のかけらがぼろぼろ落ちています。コケも生えてかわらの色が判らなくなリはじめています。そこで,フラットの三州陶器瓦で,隅棟は,同質のさし棟瓦で屋根替えを依頼されました。
既設の屋根瓦の写真が下記の写真です。セメント瓦で,経年で表面の色がとれて,瓦のかけらが出ます。
小澤公平邸裏川0P1010091.JPG

小澤公平邸3P1010074.JPG


既設セメント瓦1IMG_9836.JPG


このセメント瓦を全て取り外して,下地の木部をなおして,新たに三州産平板瓦『フラットF40』(岩福セラミックス製)で葺き替えしました。仕上がり写真です。

小澤公平邸2階葺き仕上がり1P1010127.JPG

小澤公平邸新規瓦葺き仕上がりIMG_0088.JPG


小澤邸葺き仕上がり8IMG_0031.JPG

野地も,和瓦用でしたので,急遽12mm厚の合板を張りました。


小澤公平邸2F野地3P1010087.JPG

小澤公平邸野地合板張り6P1010089.JPG

以下 施工中写真です。

小澤公平邸フラット40施工中</p>

<p>P1010109.JPG

方形屋根の頂点は,四ッ又で,差し棟瓦を切りあわせて施工しました。


小澤公平邸四ッ又切合わせ仕上げP1010129.JPG


方形屋根の仕上がり◎IMG_0091.JPG


強力棟金具sx-0取り付け+角P1010112.JPG


由比の小澤邸1階屋根本谷周りP1010159.JPG

トプライト周囲の雨仕舞いに要する本谷から捨て谷はカラーステンレス黒で,施工いたしました。

小澤邸トプライト周りの捨て谷 ステン0.3mm厚P1010170.JPG

本谷は,W=455mm幅 0.35mm厚のカラーステンレス つや消し黒で施工しました。


本谷取り付け2IMG_9880.JPG

隅棟は,差し棟瓦で,p付ステンレスビスL=100mmとL=75mmで留め付けました。

小澤公平邸さし棟施工中1P1010123.JPG

差し棟瓦を施工する前に,全天シートをかぶせます。15×15のシーラーを添付します。


隅棟荷全天シート張るIMG_0015.JPG


雨押えは,新規雨押えを加工して,取り付けて上部コーキング仕上げとしました。

小澤邸雨押さえ仕上がり5P1010218.JPG


小澤邸雨押さえ仕上げ1P1010206.JPG


小澤邸屋根雨押さえ仕上げP1010219.JPG


IMG_0072.JPG

足場が外れた後の屋根瓦葺き替え工事完了の写真です。最初のが裏側で,次が表側です。

由比の小澤邸屋根瓦取替え工事完成裏1P1010242.JPG

由比の小澤邸瓦取替え工事完了 表側P1010244.JPG