傘塀瓦 耐寒銀色取り付け補修工事

静岡市清水区三保にある清水の老舗ホテルの外塀の天端に取り付けてある瓦が某観光バスに接触して、塀のうえに銅線で取り付けしてありました瓦(=傘塀瓦}の1部が破損しました。ちょうど塀が曲がる個所でしたので、補修が大変でした。材料の「傘塀」が、現存して、窯元にありましたので、早速発注をかけました。問題は瓦の留めつけ方法です。銅線緊結方法でもよいのですが、銅線ですと、引っ張られやすく、瓦が動いてしまいます。そこで、通称「プラ角」という腐敗しない新建材を塀の
コンクリート天端にコンクリートビスで、取り付けてから、傘塀をパツキン付ステンレスビスでこの角に
縫い付けるという方法を採用しました。まず、破損した傘塀瓦を取り除き、コンクリートを斫ります。


DSC06526 三保園ホテルの外塀の破損した個所のコンクリート下地2 450×337に縮小.jpg


DSC06523 破損した個所のコンクリート下地1 450×337に縮小.jpg


DSC06527 三保園ホテル 破損した瓦の下地の斫り2 450×337 .jpg


塀の天端を、斫り平滑にしたら、新建材の「プラ角」を天端にコンクリビスで取り付け後、モルタルをつめます。プラ角を紹介します。

DSC06541 三保園 傘塀下のプラ角 600×450に縮小8.jpg


DSC06540 破損部全景 450×337.jpg

傘塀は、全部取り付けました。まがっている個所が一番難しく、苦労しました。壁にはみ出たモルタルの処理をしました。

DSC06594 三保園ホテル 傘塀のどにモルタル詰め 縮小版5 - コピー.jpg

DSC06592 傘塀 仕上がり遠方から 縮小4 - コピー.jpg

角度を変えて、仕上がり風景を撮影したのを掲載します。

DSC06597 静岡エイケン 三保園ホテル外構傘塀補修工事 縮小450×337.jpg


DSC06601 静岡エイケン 三保園ホテル 留め取り付け 見積もり外 450×337縮小.jpg