片流れ屋根同士の納まり

元請;㈱静岡エイケン 現場;静岡市羽鳥の分譲地内K邸平板瓦新築屋根工事で、片流れ棟の棟の納まりが難しく,苦労しました。施工写真を説明していきます。

1.)野地の状態です。

IMG_0393.JPG

2.)ゴムアスルーフィングを敷き瓦棒を打ちます。瓦上げをします。

瓦上げ・配置1IMG_0400.JPG


3.)軒先の屋根材の収まりです。軒先メタル使用してゴムアスルーフ施工.。軒先瓦をL釘で固定する。

軒先瓦の仕様IMG_0416.JPG

4.)平場の施工です。

クレストF40銀黒ひらばIMG_0408.JPG

5.)兼用袖瓦の施工になります。パッキンつきステンレスビスL=75mmで固定します。


ケラバの納まり1IMG_0450.JPG


6.)片流れ棟瓦の施工です。パツキン付ステンレスビス4本で固定します。

葺き仕上がり 片流れ棟IMG_0444.JPG


葺き仕上がり 片流れ棟2IMG_0436.JPG

7.)仕上がりです。片方の片流れ屋根が,4寸勾配で,雨押さえが出来,もう片方が,5寸勾配で,
片流れ棟,片流れ棟巴が出来ます。

葺き仕上がり2IMG_0427.JPG


 
片流れ棟の施工図IMG_0422.JPG

葺き仕上がり5IMG_0431.JPG


次に1階玄関屋根です。緩勾配で,ここは,ガルバリウム鋼板の段葺きを依頼されました。

工事中及び仕上がり写真を掲載いたします。軒先とケラバに捨て水切を施工します。


玄関屋根 段葺き1P1010019.JPG

捨て谷及び雨押さえ用の貫を施工します。

玄関屋根段葺きの捨て谷P1010017.JPG

G・L段葺きの葺き仕上がりです。

エイケン 勝山邸玄関屋根段葺5P1010067.JPG


エイケン 勝山邸玄関屋根段葺2P1010064.JPG