輸入瓦の補修工事

築後10年は経過しております静岡市葵区の某神経内科の病院屋根の輸入瓦屋根が台風の影響で、袖瓦が舞いとび、すぐ横の桟瓦も同時に破損しました。被災写真を掲載します。

PICT0520 静岡市鷹匠;木村クリ二ック袖瓦破損1 (640x480) (2).jpg

PICT0512 静岡市鷹匠;木村クリ二ック袖瓦破損状況 (400x300).jpg

施工の方法が、輸入瓦独特の施工で袖瓦を内側で止めてありました。これですと、強風でむしりとられやすく、台風や地震に大変弱いです。したがって今回は、外側からパツキン付ステンレスビスで止めつける方法で補修しました。


CIMG3623  右袖補修 P付ステンレスビスで施工.jpg


CIMG3631 p付ステンレスビスで施工.jpg