O様宅屋根瓦葺き替え工事

2月17日から、(株)アクテイー杉山社長様から依頼されてました屋根瓦葺き替え工事がはじいまりました。11日の午後から足場屋さんがはいり、足場がかかりました。施主様のご都合で17日から瓦をめくりました。既設の和型瓦青緑色の様子から足場設置の作業までを最初に掲載します。

GEDC0104 八坂北の山田邸.jpg


GEDC0448 アクティ おおた邸足場架け 作業中  1048×786.jpg


GEDC0451 アクティ 太田邸屋根瓦葺き替え用足場 裏側 (1024x768).jpg


隣家との狭い個所に足場を設置します。


GEDC0486 横の建て物との境 足場 1048×786 に縮小.jpg

既設の瓦をはがした後は、9㎜厚のコンパネを貼り、野地を均一にします。それから良質のゴムアスファルトルーイングを敷きます。

PICT0061 太田邸コンパネ貼り3.jpg


PICT0066 太田邸 ゴムアスルーフ貼り1.jpg


次に、縦の桟木をとめます。瓦棒15㎜×30㎜×3m長杉材を新規瓦の利き足である300㎜で打ちます。それから瓦を屋根にあげます。


GEDC0483 太田邸 ゴムアスルーフ+縦の木ずり2 1048×786.jpg

PICT0070  太田邸ゴムアスルーフ貼り+縦の桟木2.jpg


ケラバに角を取り付け、片面接着テープでくるみます。ケラバ捨て水切りを取り付けます。

PICT0086 太田邸 ゴムアスルーフ+縦桟木タサう瓦棒打ち3 ケラバ捨て水切 防水片面テープのぼりの角に貼る.jpg

PICT0090 太田邸 瓦揚げ1.jpg


新規瓦(三州産陶器瓦 イーグルM防災)いぶし銀色の施工開始です。軒先瓦は、瓦尻にステンレスくぎ2本とめ。先端は、Lクリツプ1本止めです。


PICT0095 太田邸屋根瓦 軒先瓦のおさまり 1048×786に変更.jpg

平場は、すべての桟瓦をステンレス釘l=50mm長2本で留めます。


PICT0098 太田邸平場施工 釘2本止め.jpg

この施工法ですべての桟瓦を施工した場合の写真を掲載します。


PICT0099  太田邸屋根川あ葺き替え工 新規瓦平葺き完了.jpg


棟部個所に、強力棟金具を取り付けます。


PICT0100 太田邸棟金具取り付け 1048×786.JPG

強力棟金具の上に角をビスで取り付けます。


PICT0133 プラ角取り付け.jpg

棟瓦=7寸丸瓦をかぶせて脳天からL=75mmのパツキン付ステンレスビス使用して、1本を各々
2本止めとする。


PICT01347寸丸をP付ステンレスビス2本止め 1048×786に縮尺.jpg

PICT0137 葺き仕上がりの写真.jpg