静岡市O邸物置屋根改修工事

台風の直撃で,小波トタン屋根が棟を中心に飛ばされました。部分的に直すのが大変な状態です。解体したほうがよいのではと、ご提案したところ存続させたいという施主様御意向で、垂木、鼻隠し、野地板を新たに作り、野地ができたらゴムアスルーフを貼り、屋根材を新規の小波トタン板にすることとしました。被災状況写真および施工手順に従い、工事写真を掲載します。


石田の小沢邸ナヤの被災状態P1010063 burogu用4.jpg


小沢邸既設トタンはずしP1010086 既存のトタンはずし.jpg

腐敗していた垂木を交換しました。


小沢邸物置屋根古垂木状態P1010087 burogu用1.jpg

つぎにコンパネ910×1820×12mm厚を貼ります。

PB150008石田の物置屋根のコンパネ貼り2 burogu用.jpg


軒先水切りを取り付け,木部を隠します。

PB150009石田の小沢様物置の屋根エコンパネ貼りtasu軒先水切りburogu用.jpg


PB150004石田の物置屋根の垂木 burogu用5.jpg


ゴムアスファルトルーフィングを敷きます。

PB150010石田の小沢邸物置屋根ルーフィング burogu.jpg


波型トタンは,近年ブルーが大半です。


PB160027石田の小沢邸物置屋根再生ブルー色2 burogu用.jpg

PC50の角樋を新たに取り付けて,仕上がりです。

P1010130小沢邸物置の樋取り付け完了.JPG