第44回清水室内合奏団定期演奏会

去る先週の日曜日(12月15日)に、我が「清水室内合奏団」の44回目の定期演奏会を行いました。
今年の演目の注目するのは、本物の「チェンバロ」を使用しての、J.S.Bachの「チェンバロ協奏曲第6番」の演奏でした。リコーダーも2本入れての昔さながらの演奏をいたしました。演目は、下記の様です。
   1.F,ヘンデル ・・・・・・・・・・・・・・・・・ シバの女王の入城
   2.ヨハン・セバスチャン・バッハ・・・・・・チェンバロ協奏曲 第6番 独奏;杉山 佳代
   3.グルック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・精霊の踊り          独奏;杉浦 美恵
   4.W.Aモーツァルト・・・・・・・・・・・・・・アイネ・クライネ・ナハトムジーク
   5.ヨゼフ・ハイドン・・・・・・・・・・・・・・・交響曲第1番 ニ長調  Hob1:1
                       指揮:丸山 孝
   すべて難しく、曲の感じをだすのが非常に難しかったです。一番良い出来だつたのが、2番目と
   5番目の曲かな?演奏風景を、ご覧下さい。チューニングから始まります。


IMG_1910 チュウニング1 600×450 に縮小.jpg


IMG_1990 精霊の踊り 演奏中  600×450に宿小.jpg


IMG_2039 Haydn 交響曲1番演奏中600×450に縮小.jpg

IMG_2024 アイネクライネ演奏中 600×450に縮小.jpg


最後の曲が終わりました。花束贈呈の後、アンコールがかかりまして、指揮者は、Haydnの交響曲第1番の第1楽章を演奏すべく、演奏者に指示しました。