今年最後の慰問コンサート・イン「柏尾の里」12月20日

今年の春頃演奏依頼がありました。定期演奏会が11月15日にあるので、それが終えるまでお待ちください。と申し上げてお待ちいただきました。定演も終えたので、出演するための練習もして、12月20日の午後2時から行いました。この特養に暮らすおじいさま、おばあ様は、大変お元気で私どもの演奏に熱心に聴きいってくれました。楽団有志8名で参加いたしました。内訳は、ヴァイオリン5名、ビオラ1名、チェロ1名、ピアノ1名です。約1時間ほど演奏しました。曲目は「旅愁」「里の秋」「荒城の月」「月の沙漠」・「ふるさと」等計10曲ほどでした。時節がら「クリスマスソング」を「ジングルベル」はじめ4曲披露しました。アンコールの声がかかり「村祭り」で締めました。聴いていたご老人桟たちは、大変感激してました。この「柏尾の里」に勤務する職員さんも喜んでくれて、再度の出演を依頼されました。

GEDC0142.JPG


GEDC0137.JPG

GEDC0148.JPG

a title="" href="http://www.roof-iwanabe.jp/images/GEDC0159.JPG" rel="lightbox">GEDC0159.JPG

我が楽団のコンサートマスターの丸山 孝君の解説(曲の解説や楽器紹介)が非常に好評で、聞いている方々に好感持たれました。さすが、長いVnとともに歩んだだけの事はあります。楽団の誇りです。


GEDC0133.JPG